今年の冬は乾燥肌にしないために

さぁ、気がつけば冬目前。

 

一年があっという間ですね!寒さを感じ始めると手先や顔の皮膚もカサつき始めて気になりますよね。

 

今年の冬は乾燥肌にしないためにもぜひ積極的に取り入れてほしい栄養素はずばり、「亜鉛」です!亜鉛は微量のミネラルを含みお肌や髪の毛、爪などの健康を維持するのにとっても重要なんですよ^^亜鉛は冬に旬を迎える牡蠣が特に含有量が多いですが、レバー、牛肉、たまごやチーズといったものにも豊富に含まれているのでぜひ普段の食事で取り入れてみてくださいね!30代に突入してから、年齢が肌に表れるようになってきました。

 

 

 

ここでエイジングケアしないと手遅れになるという危機感から、フェイスマッサージを始めました。

 

 

 

また、サプリや食生活にも気をつけて、体内環境から若々しい肌でいるための方法を取るようにしました。

 

続けていくうちにお肌の状態がどんどん良くなり、大人ニキビができることも少なくなり、外見上でもたるみのあったお肌にハリが戻ったように感じます。肌色も少し血色が良くなったので、肌の老化に早期に対応できた結果だと思います。敏感肌ゆえに私の肌にはシミができることが多く、美白しようにも元々が紫外線を吸収しやすいのか肌は黒くなりがちでした。

 

そんな私にも、サエルはぴったりでした。コウキ葉、ムラサキシキブ、アルニカの3つの天然エキスを含んでいるのでお肌にも優しく、シミの元になるメラニンが過剰に作られるのを防ぎ、さらには黒くなってしまったメラニンを白い状態に還元してくれるとっておきの化粧品です。
これにより、くすみやシミで悩んでいたお肌も明るく透明感のあるお肌へと生まれ変わりました。

 

ややお値段の張る商品ではあるのですが、でもそれ以上の価値が絶対にある品物だと思います。私もさっそく使っています。一番効果が現れたと思うのは、表情を作る顔の筋肉を意識的に動かすストレッチと筋トレです。顔のお肌の老化防止には、衰えの現れてきた表情筋の筋トレにより、皮膚の表面のしわや肌のツヤも良くなったように感じます。

 

顔の筋肉を意識してしっかりと動かすようにすると、きちんと効果が現れました。
アンチエイジングは顔や首といった人目につく部分のシワをいかに薄くするかが重視されると思います。
顔の筋トレから得られる効果は、たるんだ肌を引き締めシワを目立たなくさせるなど様々です。
特別な道具を必要としないので「そうだ!」と思い立ったらいつでも気軽にできるのが、このトレーニングの良いところですよね。毎日のように行う入浴、これは乾燥肌をお持ちの方は入り方に気をつけるべきです。
入浴は美容面でもお肌にとても良い影響を与えてくれますが、その方法を間違えてしまうと肌はたちまち乾燥肌になってしまいます。乾燥肌にならない為に、入浴時に気をつけるべきことは以下の3点です。

 

 

 

@高い温度での入浴やシャワー、湯船に長時間入浴しないこと。

 

 

お湯は38〜39度に設定、湯船には20分以上浸からないようにします。

 

2.こすりすぎ、洗いすぎに注意すること。
タオルなどでゴシゴシと洗うと洗った気にはなりますが、肌を痛めるだけなのでやめましょう。
洗顔料や石鹸は良く泡立ててから手のひらを使って優しく伸ばしながら洗うことがポイントです。

 

 

 

3.お風呂上がりは皮膚から水蒸気として水分が失われていく状態にあるので、ボディクリームなどを使用して潤いを閉じ込めるようにしましょう。

 

妊娠中期以降になるとお腹の膨らみも目立つようになり妊娠線が残らないか気になるのではないでしょうか。

 

しっかりと保湿ケアをすることが妊娠線対策に効果的です。
様々なタイプのクリームが妊娠線対策用として売られていますが、ホルモンバランスの崩れている肌でも使える低刺激なものになっていて悪い成分が入っていないので安心して使用できます。使用する際にはお腹周りの他にも、妊娠線は自分では見えにくいお尻や太ももにもできてしまうことがあるので、保湿ケアは一極集中ではなく全身に行うようにすると体のあちこちに妊娠線ができてしまうのを防ぐことができます。

 

いつまでも肌のハリや弾力は若々しいままでいたいものですが、残念なことにそれらは年齢とともに失われるものです。

 

 

人によって年齢肌のケアを必要とする年齢は異なりますが、ケアを始めてもすぐに効果が現れるものでもないので、年齢肌対策は早期から行うとより効果的です。

 

 

 

いつも使用しているお手入れ化粧品をエイジングケア対応のものに変えたり、血流を良くする為のリンパマッサージや美容液をたっぷりとお肌に与えるフェイスマスクでよりお手入れに時間をかけるなど、つるんとプルプルしたお肌を維持していくには毎日の努力は欠かせないのです。すでにシワやたるみが見られるという女性も、粘り強くケアを続けて美肌を目指しましょう。

 

 

何歳になっても若くみられたいという気持ちが、エイジングケアのやる気に繋がるのです。

 

 

 

洗顔は皮膚が乾燥する原因の一つと言えます。

 

女性はお化粧を、クレンジングオイルやクリームで落としそのうえ洗顔料で洗顔することが多いです。その時に、クレンジングや洗顔フォームが肌の油分を洗い落としていると推測できます。更に加齢によって肌の油分が減少するため、一層乾燥に拍車をかけます。
このため、洗顔の後は保湿効果がある化粧水や乳液を使ってケアすることが重要です。
早いもので、もう冬ですね!寒さで空気も乾燥するようになると乾燥肌にも気をつけなければいけません。
潤ったお肌でこの冬を乗り越えるためにも必ず得てもらいたい栄養があるんです!その栄養こそ「亜鉛」です!私達の身体にはたった2グラム程度しか亜鉛はありませんが、髪の毛や爪、そしてお肌のターンオーバーを助ける役割を果たしているんですよ^^亜鉛は牡蠣、レバーのほか普段食べ慣れている牛肉、たまご、チーズなどにもたくさん含まれているのでぜひご家庭の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか??私が妊娠中の時には肌質が変わって困ってしまう事もなかったので、スキンケアはいつも通りに行っていました。
しかし、出産後は育児に追われる毎日で、授乳のため夜間に満足に寝る事もできず寝不足状態でスキンケアをしている余裕が体力的にも気持ち的にも無いことが多くなり、簡単にケアできるオールインワンタイプのケア化粧品がメインになりました。

 

 

また、付けたままで家事なども可能な美容マスクも使う機会が増えました。

関連ページ

ケアすることが大切です
女性のホルモンバランスは妊娠すると崩れてしまうため、肌は乾燥し、荒れやすくなる特徴があります。妊娠する前よりもしっかりと肌の保湿をすることが求められますが、中でも妊婦さんが注意すべきなのは「妊娠線」でしょう。
オイルなら落ちにくいメイク汚れもスルッと落とすもの
オイルなら落ちにくいメイク汚れもスルッと落とすもの
今こそエイジングケアを始めなくては
今こそエイジングケアを始めなくては
入浴は美容のためになりますが、一歩間違うと乾燥肌の原因に
入浴は美容のためになりますが、一歩間違うと乾燥肌の原因に